どのようなことをするのか

カウンセリング

出生前診断とは、産まれてくる赤ちゃんが先天的な異常や病気がないかを調べられる検査のことです。通常の妊婦健診では血液検査や腹部エコー検査などを行いますが、それだけでは分からない病気や異常がたくさんあります。出生前診断で分かることは、染色体異常によるダウン症やエドワーズ症候群などの特殊な病気です。出生前診断の検査は、非確定的検査と確定的検査の2種類に分けられます。前者では、赤ちゃんが病気を持っているかどうかは、%表記の可能性によって現されます。そのため、確率が高くでても、産まれたら健常児だったということもあります。検査方法は母体血清マーカーテストや超音波検査などを使うため、母体の負担は少なく、安全性の高いものと言えます。費用は、母体血清マーカー検査で2~3万円、それより精密なNIPIでは20万円前後かかるのが普通です。後者では、赤ちゃんが病気であるかどうかをしっかりと確定出来ます。方法としては、お腹に注射を刺し、直接羊水や絨毛を摂取して検査を行います。そのため、流産の可能性が数%あり、母体の負担は若干大きくなります。どちらも10~20万程度の費用がかかるのが普通です。また、非確定的検査では分からない病気も、確定検査では検査することが出来るので、より確実に知りたい場合は確定検査を行う人が多いです。出生前診断は、夫婦でしっかりと話し合い決めることが大切です。

多くのメリットがあります

お腹

母体の年齢が高いほど、染色体異常の確率は上昇すると言われており、実際に高齢妊婦ほど出生前診断を希望する割合は高くなります。メリットとしては、産まれる前に障害を持っているかが分かるので心の準備が出来ること、病気の備えた周囲のサポート体制なども入念に確立出来ること、それに伴う費用をあらかじめ算出できるという点です。障害を持って産まれた赤ちゃんのお世話を母親一人で背負うのは、とても大変なことです。事前に知っていれば、両親や病気の支援センターなどとの連携も取りやすいというメリットがあります。

難しい決断の準備も出来る

医者と妊婦

また、なかには障害を持った子供を育てる経済力がないなどの理由で、中絶を選択する夫婦もいます。中絶の賛否は分かれますが、夫婦で話し合い産まれる子の将来を考えそのような選択をすることは、珍しくありません。出生前診断によって、このような決断や準備をする時間が与えられるというのは非常に便利です。現在は希望者にのみ行っている出生前診断ですが、結婚や出産の年齢が高齢化してきている現代、費用ももっと安く、誰でも受けられるようになる日が来るかもしれません。

広告募集中